スプレットの複雑さ

ワンピ好きのワンピース > おすすめ > スプレットの複雑さ

スプレットの複雑さ

「スプレッド」とはFXは二国間の通貨を買ったり、売ったりすることによって利益を稼ぐ投資です。

 

売買の注文の値段は二十四時間上下しています。

 

それが為替市場です。

 

ラジオのニュースを聞いているとドルやユーロのレートの情報が流れる時があります。

 

「本のドル円相場は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

 

それは80円50銭から80円52銭の間でトレードされているという事を意味するのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを言い表しています。

 

言い換えると、売買には買いと売りの値段が存在している事を表しています。

 

売値のことをBID、買値のことをASKと提示しているFX会社もあります。

 

一般的に売値が低い値段になっています。

 

あなたが買値は高く、売値は低くなっています。

 

その差をスプレッドといいFX会社の稼ぎの一部になっています。

 

スプレッドはFX会社によって変化します。

 

スプレッドの狭さは自分にとって手数料になるので低い業者をピックアップしたほうが有利です。

 

ただし、同じ取引会社でも場面に応じてスプレッドは変わります。

 

もし日常的にはドルと円のペアでわずか1銭のスプレッドの差とは言っても市場の上げ下げがとても大きい場面では1銭よりも広くなったりします。

 

なので、スプレッドの幅が狭いのと、固定しているということが不可欠です。

 

この頃では決まったスプレッドの差を提示するFX業者もいろいろあります。

 

実際にFX会社の売買画面の上で実際の市場を見なければ見分けられないのでやっかいですが重要な事です。

 

多額のお金を預けて売り買いをしますので、本物の注文の前に、興味を持ったFX取引会社の新規取引口座開設をいくつもして示されているスプレッドの差を点検しましょう。

 

同じ通貨でも、その時間帯の為替相場の状態によって通貨のスプレッドの幅は変化します。

 

普通は、インターバンク市場で取引量の多くて、流動性の高い通貨の組合せではスプレッド幅が狭く、他のペアではスプレッドの広さが拡大するのが一般的です。

 



関連記事

  1. 大方の人はエステサロンの技術で十分満足できる脱毛効果を得ることができるでしょう
  2. 足のムダ毛と黒いブツブツで汚く見える私の足...
  3. スプレットの複雑さ
  4. クリスマスプロポーズをやってみたくなる
  5. クリスマスプロポーズを考えてみたりする
  6. ホホバ油で育毛対策をします
  7. テスト